Androidの父が立ち上げたスマホブランド「Essential」を新興企業が購入 - GIGAZINEの投稿一覧

  • 1 自動更新さん 2021/2/16 12:00:21

    「Androidの父」と呼ばれるアンディ・ルービン氏が創業したスマートフォンメーカー「Essential」は、「Essential Phone」や「GEM」といった特徴的なスマートフォンを発表してきましたが、2020年2月に事業を停止しました。そんなEssentialの所有権が、スマートフォンメーカー「OnePlus」の共同設立者であるカール・ペイ氏が立ち上げた新ブランド「Nothing」の手に渡っていることが判明しました。



ページURL(必須)

カテゴリー

評価

コメント(500文字まで)

タグ(#で指定、複数可)